2021/09/17 (更新日:2021/09/17)

腰の痛みの部位って、簡単に分けると2種類!

お知らせ

腰か痛い!

この言葉をよく聞きます。また多くの患者さまが来院しています。

腰の痛い場合は応急処置が変わってくるので覚えておいてください。

1⃣背中に近い部分(後ろの肋骨より若干下)ちょうど掲載している画像の赤色の部分

または

2⃣お尻周辺、お尻の割れ目周辺またはそれよりも若干上の骨盤周り。

1⃣の症状の場合は急性腰痛症・筋筋膜性腰痛症などの疑いがある為、アイシングやコルセット装着で安静にするのが望ましいです。

2⃣の症状の場合は仙腸関節のズレ、仙腸関節炎の疑いがある為、早急に病院に行くことをオススメします。この症状は歩行困難になる場合があります。

どちらにも言えることですが、腰痛症を安易に考えることだけはやめた方がいいです

腰は人間にとってものすごーく大切なので!!

 

関連記事

新着記事

おすすめ記事

TOP> > 腰の痛みの部位って、簡単に分けると2種類!

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545