マスターズ日本新記録樹立

2020年4月20日 お知らせ

本日の投稿は三島からお送りします😉

 

ちょうど1年前の私

マスターズで日本新記録を樹立しました!

 

小さい頃から練習が大嫌い。でも大会は大好き。なぜなら遠足気分で行っていましたからね🤣

小さい頃からずっと辞めたかった水泳も高校卒業と共に18歳で引退しました。勉強も嫌いで受験をするのが嫌で水泳でしか高校へ行く選択肢はなかったので、やっと解放されました。

そう思っていたのに23歳くらいからあるお方のお声がけでマスターズの世界に引き込まれて、千葉県マスターズ部会の一員として役員をやりつつ、大会に出ていました。

最初はタイムが出ない!と凹むこともありましたが私のチームの監督が「マスターズは楽しんで泳ぐもの!エンジョイスイムが出来れば良いんだ!」の助言により割り切ってタイム出ないこと、全然泳げない事を楽しんで泳いでいました😁

 

なのに!三十路になってマスターズ人生の中で1番速いタイムを樹立!

練習なんて一切してません(嫌いだから)。陸上トレーニングなんてもちろんしてません(やる気がないから)。レースの時の調整なんてしてません(モチベーションは楽しむだけ)。

なのに何故タイムが出たのか?

気になる人は長くなりますが読んでみてください⬇️

 

私は少し前まで小学生や幼児を対象にスイミングのコーチをしていました。

週4回、1日約3本のレッスン

相手は水遊びから始まる未来のちびっ子スイマーから4泳法泳げる中学まで

泳いだとしてもたまーにお手本として5m10m泳ぐくらい。

でもこれが私の日本新記録へのヒント

勘のいい方ならもうお分かりじゃないでしょうか?

そうなんです。常にアウトプットなんですよ。

しかも専門用語なんて勿論、簡単な日本語すらもまだこれからな遊びたい盛りの子達にです🤣

例えば呼吸をするなどの当たり前のように出来る事をする時に、一から十まで考えてからやりますか?

 

私はそれまで泳ぐ時はあくまで自分だけの“感覚”で泳いでいたので言葉で説明なんて出来ませんでした😥

その感覚を伝える為に試行錯誤です。

どうすれば子供達が自分で体が動かせるようにする事ができるか…

 

そんな事を常に考えているうちに自分の動きも見直せて子供達も泳げるようになってwinwinの結果が!

私のクラスの合格率はコーチの中でトップクラス

決して他のコーチより判定が甘いのではなく(むしろ細かい!厳しい!と子供達の中では有名🤣)、他のコーチには私のクラスから上がってきた子はちゃんと出来ているから安心出来るとの言葉もいただきました。

中には週2回来ていて、他のコーチだと出来ないけれど私が教えている時は出来る子も。

 

私は教える時に常にその子の感覚を重要視し、感覚が泳ぎにハマる瞬間を何度も見ていたので、自分の感覚にも鋭くなっていたんですね。

その結果が日本新記録🇯🇵

 

 

今やりたいのに出来ない事は沢山あると思います。

なので、今は一度ご自身の感覚を見つめ直してあげてください。

そして言葉として何が良かったのか、何が悪かったのか、出してみてください。

そして元の環境に戻れた時には感覚がハマる瞬間を出すように続けてみてください。

恐らく前の自分とは違うはずです。

身体が変わっても、環境が変わっても大丈夫です。今の自分の体の動かし方を一番よく知っているのは自分自身なのですから。

どうしたらいいか自分でわからなければ、私達トレーナーがヒントを出し続けます。サポートをし続けます。

答えるかどうかはあなたの気分次第でいいんです。

悩んだら話をしに来てください。

あなたを診て私達の経験や知識からお話をささていただきます。ただ聞くだけの時もあるでしょう。

あなたと私達のこれからを一緒に作り上げていきましょう!

 

 

長くなりましたが、少しでも参考になればと思います😊