コロナ禍で1年経って見えてきた身体の変化・・・

2021年4月13日 お知らせ

未だ先が見えないコロナウイルス感染

 

新しい形での生活や仕事、通勤に少しづつ慣れてきたと思います。

 

しかし、慣れてきたからこそ見えてきた環境の変化が問題になりつつあります。

 

それは身体の変化です。

 

在宅勤務などで今までは通勤することで【ある程度の運動】をされていた方が、その通勤がなくなったことで運動不足に陥り、身体の不調を訴える患者様が増えているの間違えありません!

 

また、病院にも行きづらくなっているため、少しの痛みくらい「我慢をする」という傾向もあるようです。その反動で精神的ストレスや統合失調症等の精神的疾患の患者様もご来院されるようになりました。

 

コロナウイルスが人間に及ぼす影響はその本来のもの以外に多くの影響を及ぼすことは間違いありません。

 

皆様!!これからの世の中は自分の身体は今以上に大事にして大切に使ってください!そしてこの言葉を覚えておいてください!!

 

身体は動いていることが奇跡

動かなくなることが当然なのです