2022/04/27 (更新日:2022/04/27)

ご来院される保護者の方々へ( ^ω^)・・・

お知らせ

 

「ケガが治った!」の基準を【痛い・痛くない】で判断してはならない。そうするとケガを何度も繰り返す?!

 

捻挫や骨折をしてしまった時、選手たちや保護者は受傷後なるべく早くスポーツ現場に「復帰したい!」また「させたい!」と願っているでしょう。

 

そこで毎日のように「どう?痛い?」「痛くない?」と確認しているのではないでしょうか?

スポーツ選手はケガをした痛みよりも「運動感覚(個人)」が無くなってしまうのを大変怖がって

います。

 

例えば走る・翔ぶ・蹴る・投げるなど個々には運動感覚があり、その感覚を大事にしています。

この「運動感覚(個人)」をケガをする前の状態に戻すことではじめて「治った!」と判断してケガの

治療を終えることができます。しかし、ケガや故障を繰り返してしまう選手たちは、この「治っ

た!」というタイミングに誤差があり、ケガの誘発を促し、繰り返してしまうのです。

 

コンスポはケガや故障後の治癒を「痛みの有無」だけで判断するのではなく、受傷前(ケガをする

前)の状態に戻すことを最優先にし、全力で治療を行っています。

 

℡044-750-9545 近内スポーツ整骨院

 

関連記事

新着記事

おすすめ記事

TOP> > ご来院される保護者の方々へ( ^ω^)・・・

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545