【症例紹介】50代女性 腰痛  ~鍼灸編~

2019年2月11日 お知らせ

今回は鍼灸治療の症例紹介をしていきます。

週に5日パートとして働きながら、週に3日ジムに通っている方が
来院され長時間立っていると腰が痛くなると来院されました。

パートでの疲れとジムで運動しているせいで
腰だけではなく体全体が固くなっていたので鍼灸治療を行っていきました。

鍼灸治療は初めてで”痛そう” ”熱そう” などのイメージを持たれていましたが
帰るころにはそのイメージがなくなって帰っていかれました。

何度か治療をしていくと腰痛とは別に普段原因はわからないがだるくなったり
頭痛が毎週あったりと薬を何個ものまれていたり病院通いだということがわかりました。
そこで全身調整(免疫向上)の治療に切り替えて数か月定期的なメンテナンスを行いました。

すると数か月後には薬を飲むことも病院に通うことがほとんどなくなっていきました。
そこから今でも定期的にメンテナンスをしながらその時の症状ごとに
治療内容を変え大きなけがや病気の予防になっています。

近内スポーツ整骨院では不定愁訴(原因がはっきりしないの症状)を鍼灸治療で
改善していくことも行っています。

すぐに頭が痛くなる。毎朝体が重い。毎日薬を何個も飲んでいる。など原因がわからないけど調子が悪い状態から抜け出したい方には鍼灸での治療をおススメしています。