【症例紹介】40代女性テニスによる股関節痛

2019年1月12日 お知らせ

先週、ブログの掲載方法を考え中としていましたが、しばらくはこのような小まめにアップする方法にしようと思います。

この【症例紹介】は同じような症状で悩んだり、不安を抱えている患者様がご来院し、笑顔で帰られていくのをご紹介しています。

無理したり、我慢をしているなら、まず来院することをおすすめします!!

 

昼間に1本の電話がかかってきました。

「テニス中、急に股関節に激痛が走り、歩くこともできないのでどうすればいいですか!?」

電話越しに患部の状態を聞き、今以上に痛くなることはなく、徐々に歩くことができますとお伝えし、一旦休憩しご来院することになりました。

股関節周辺の痛みに加えて、ももの外側にも痛みがある状態。股関節の動きに多少の可動域制限があったが、動作時痛はほとんど皆無。

そこで、股関節のアライメント調整や周囲筋のマッサージなどを施し、股関節内圧を高めた結果、痛みなくなり、最後はスキップをして帰られました笑

 

身体は不意に動かくなることもある。その逆で動かない身体が急に動き出すこともあります。

その方法をご提供できるのが・・・・・

 

ご来院お待ちしています!!