【症例報告】10代女子 ハンドボール部

2018年10月26日 お知らせ

10代女子中学生ハンドボール部に所属。

お友達からの紹介(既存の患者様)で来院されました。

彼女から状況を聞くと『腰が痛くて、別の整骨院にずっと通院していたけど、長時間待たされて順番が回ってきても、電気かけて少しマッサージして終わるだけ、腰の痛みが取れないと・・・』と転院してきたと言う。

 

腰の痛みはどんな説明をされたの?と聞くと

「疲労で腰の筋肉が固まっているね・・・」電気かけてマッサージしていきましょう。という説明であったようです。

 

確かに腰の状態を確認すると、腰回りの筋肉は張り(硬結)し、可動性はなし、運動痛有り。また脹脛の筋肉も全く動かず、よくこの状態で運動してきて大怪我をしなかったと感心するくらいでした。前の整骨院の先生は間違っていることは言ってないね!とちゃんと説明してから、ではうちではどんなことができるだろうと話し合いながら施術を開始。

 

もちろん1回でこの状態を良くすることはできないと説明し、手技や電気治療、運動指導などを入れながら施術を施してきた。結果数回で身体の状態は変化し、痛みは多少ありますが、本人が『納得した練習』ができるように回復した。

 

大事なのは患者様ご本人や指導者が【納得した練習ができる】状態にもっていけるかではないでしょうか。

 

その後、ご家族も通うようになりました!

当院はお友達やご家族からのご紹介が多いです!!笑