【症例報告】バレエ10代女の子(足首捻挫)

2018年12月12日 お知らせ

バレエを習う10代の女の子、足首捻挫で来院しました。

腫れはほとんどなく、他動時の症状は押して痛む(圧痛)と捻挫した方向に曲げる(強制時痛・動作時痛)と痛む程度でした。

 

ここからはバレエ特有の動きで『ルルベ』をするときに捻挫した足首に痛みが走るという自覚症状が残ってします。

もちろん、完全固定で練習を休ませることができますが、うちは考え方はなるべく練習は休ませない。

なぜならスポーツをやってきた方ならわかるはずですが

『練習を1日休むと元の感覚に戻すには3日かかる』と言われているからです。

ですから、なるべく練習を休むことなく怪我の治療をしながら練習を続けさせてあげたい。

 

院からのアドバイスは

●温冷療法をお風呂で行う。

●練習後はすぐにアイシングをする。

●ルルベで痛かったら、すぐに他の練習に変えてもらう。

●時間を見つけて、治療にくる   など

 

まだ将来がある選手なので、良い方向に導いてあげたいですね!