【症例報告】アメリカンフットボール選手20代男性(腹圧不足)

2018年12月13日 お知らせ

アメリカンフットボール選手が来院。

既往歴がある選手なので、一応からだのことは把握済。

自覚症状は『動きにキレがない!』という。普段はいろいろ探りながらマッサージなどをし、治療をするのですが、

昨日は治療を途中で止めて、トレーニングに切り替えて対応することに。

なぜなら、右の腹圧が抜けており、体幹も右が不安定・・・・

うーん。。。これではいくらコンディショニングを整えてもダメか。

 

そこで、

●右腹部を刺激するトレーニング

●安定性と体幹性を整えるトレーニング

●試合前の腹圧の補強トレーニング  など

 

腹圧を入れることで、選手自身が納得できるポジショニングを取ることも

でき、納得して帰っていきました。

今週末、大きな試合が控えているので、怪我をしないでがんばって欲しいと思っています!!

 

がんばれ!!