不安・ストレス

  • 当院では、自律神経失調症の改善目的で来院される方が多くいます。過度のストレスに悩み苦しんでいた方が、徐々に改善されるようになりました。

過剰な不安やストレスは、自律神経のバランスが乱れ、様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症とは、自律神経の作用が崩れることで引き起こします。症状は様々あるので、他の病気と判別がしにくい特徴があります。

症状の中に不安やストレスがあります。それに伴い、次のような症状も出やすいです。

・睡眠不足
・食欲が出ない
・やる気が出ない
・漠然とした不安がある
・疲れがなかなかとれない
・些細なことでイライラしやすい

このような症状は、危険なサインでもあります。早めに対処することをおすすめします。

自律神経失調症でお困りでしたら、ひとりで悩まず当院にご相談ください。

どうして不安やストレスが起きるの?

不安やストレスとは、外部からの様々な負荷や刺激により、引き起こされます。

下記の4つが、要因として挙げられます。

心理的ストレス:仕事などの人間関係
物理的ストレス:騒音、気候の変化による寒暖差
科学的ストレス:飲酒、喫煙、カフェイン、薬物など
社会的肉体的ストレス:家庭内不和、政治経済問題、進学、就職

自律神経は活動時に作用する交感神経と、休息時に作用する副交感神経があります。交感神経と副交感神経の作用が乱れると、自律神経失調症を発症します。交感神経の作用が過剰となったため、症状が出現したと考えられます。

不安やストレスが悪化するとどうなるの?

代表的なのは、次のような疾患に罹りやすくなります。

うつ病

ストレスから身体的な症状や精神的な症状まで、様々な症状が出現します。それに伴い、うつ病を発症しやすくなります。

不安障害

ストレスの蓄積により不安も増強し、不安障害を発症しやすいです。

アルコール依存症

過度なストレスに対して、飲酒で気分を紛らわす方がいます。次第に飲酒量が増え、アルコール依存症になります。飲酒は、陽気な気分になることもありますが、睡眠を浅くするので疲れがとりにくいです。

突発性難聴

名称のように、突如前触れもなく耳が聞こえなくなる疾患です。

症状を改善するためには?

ストレスに対する対処をすることで、軽減しやすいです。

まずは、自分のストレスと向き合い、明確にします。
そして、自分に合ったストレス発散法を行うことが大切です。

そのために、次のことを心がけましょう。

・定期的に運動をする
・好きな食べ物を食べる
・好きなことに没頭する
・リラックスする時間を作る
・ぬるま湯にゆっくりつかる

身体も心もリラックスすることを意識しましょう。

快適な生活を送るために

当院では、自律神経失調症を改善した実績があります。

ストレスが解消されず困っていた患者様が、改善されるようになりました。
気持ちが落ち着き、とても喜んでいました。

当院では、再発予防のための生活指導も実施しています。

自律神経失調症でお悩みのときは、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545