ストレス・ノイローゼ

  • 当院では、自律神経失調症の辛い症状で悩んでいる方が多く来院されます。ストレスの蓄積やノイローゼの症状で困っていた方が、徐々に回復されています。

自律神経が乱れると、ノイローゼの症状が出現することがあります。過度のストレスや性格が関与するケースが多いです。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで多種多様な症状が生じます。体調不良のため医療機関に受診するも、異常がみられない状態をいいます。

自律神経失調症では、ノイローゼの症状が出現することがあります。ノイローゼとは、ドイツ語の「Neurose」を訳で、神経症のひとつです。具体的には、次のような症状です。

・不安が強い
・思い込みが激しい
・被暗示性が高い
・自分の症状に執着する
・感情的怒りっぽくなる

本人も自分の状態に対し、過敏に反応するので、不安感が強くなります。
物事を神経質に捉えてしまうので、悲観的にもなりやすいです。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

ノイローゼの原因

自律神経失調症でノイローゼの症状が生じる原因は、過度のストレスが大きな原因です。

ストレスが生じなければ、ノイローゼの症状は起こりにくいです。ストレスが加わることで、自律神経の働きが乱れ、ノイローゼの症状が表れます。

主なストレスとして、次のようなことが挙げられます。

  • ・病気
    ・災害
    ・近親者の死
    ・環境の変化
    ・職場の人間関係

ノイローゼはストレスが大きく関与しますが、性格も影響しやすい要因です。次のような性格の方は、注意が必要です。

・心配性
・完璧主義
・内気な性格
・感情的になりやすい

これらの性格は「考え方のくせ」があり、ストレスに対する受け止め方の偏りがみられます。そのため、ノイローゼとして表れやすいです。

ノイローゼが悪化するとどうなるの?

自律神経失調症が長期化すると、不安感や悲観的な感情などから、うつ病へと移行しやすくなります。

最初は精神的な症状のみですが、徐々に活動の低下などの身体症状もみられるようになります。

早期に治療をした方が良いです。

症状を改善するために

最大の原因はストレスなので、ストレスを溜めないことが大切です。睡眠時間の確保、ぬるま湯につかり身体を休めましょう。

ノイローゼの症状が出現する方は、真面目な性格の方が多くみられます。

  • 仕事以外のときに、仕事のことを考えるのは止めましょう。
    仕事とプライベートの区切りをつけると、気持ちも楽になります。

その他に「考え方のくせや偏り」がみられます。日頃から「完璧を目指さない」「考えすぎないこと」を繰り返し実践すると、考え方のくせや偏りも改善されていきます。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症のストレス・ノイローゼを改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、ノイローゼで悩んでいる患者様を改善しています。

不安が強くてとても悩んでいた患者様が改善され、明るくなりました。
本人もとても喜ばれています。

今後も同じような悩みが起きないよう、再発予防の取り組みをしています。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545