冷え性

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。体の冷えから、様々な不快症状が生じていましたが、徐々に回復されています。

自律神経の乱れで血流の調節がうまくできず、冷え性が起こります。体の冷えを感じる方もいれば、感じない方もいるのが特徴です。

自律神経失調症とは、神経のバランスが崩れることで多種多様な症状が生じます。症状は複数あるので、個人差が著明です。

自律神経失調症の症状では、冷え性が出現することがあります。手足だけでなく、体全体も冷えるので、次のような症状も出現しやすいです。

・風邪
・不眠
・疲労
・肩こり
・イライラ
・腹痛、下痢
・集中力の低下

体の冷えで全身の血行不良から、体調も崩しやすいです。体が冷えるので、衣類の調節も日常茶飯事です。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

冷え性の原因

自律神経失調症による冷え性の主な原因は、ストレスや不安が考えられます。

自律神経のバランスが乱れると、全身への血流が滞り、熱の排出がされなくなります。それが原因で室内と室外の温度差は、体温を調節する自律神経に負担をかけます。

その他に冷え性の原因は、次のようなことが挙げられます。

  • ・冷たい飲み物の摂取
    ・お風呂に入らず、シャワーで済ませている
    ・間違ったダイエットによって筋肉量の低下(筋肉は熱の再生をします)

冷え性が悪化するとどうなるの?

体全体の冷えから血流が滞ることによって、老廃物の蓄積や免疫力の低下がみられます。

体内の老廃物が蓄積され排出されにくくなると、肥満や生活習慣病に罹りやすくなります。

体温が下がるので、病気に罹りやすくなります。特に、風邪には注意が必要です。その他に、生活習慣病やアレルギー疾患も罹りやすくなります。

症状を改善するために

不安やストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが生じるときについて振り返り、自分に合ったストレス発散をしましょう。

その他に、冷え性を改善する方法を紹介します。

・衣類の調節
・身体を温める食事
・ぬるめのお湯に入る
・規則正しい生活をする
・冷たい飲み物の摂りすぎに注意
・外気温と室温の温度差をなくす
・ストレッチ、体操、散歩などの軽い運動をする

夏の暑い時期は、常温の飲み物を飲むようにしましょう。

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。

そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の冷え性を改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、冷え性で悩んでいる患者様を改善しています。

  • 夏場でも手足の冷えがひどかった患者様も改善しています。体の冷えが改善し、とても喜ばれました。今後も継続して冷えが予防できるよう、サポートもしております。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545