冷え性

  • 当院では、自律神経失調症の改善目的で来院される方が多くいます。夏場でも手足の冷えを感じ、1年中冷えで困っていた方が、徐々に改善されるようになりました。

自律神経が乱れると、血管の収縮から冷えを引き起こすことがあります。自分で自覚している方もいれば、自覚していないなど様々です。

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じる状態です。体調不良から医療機関を受診するも、特定されないことが多くあります。

症状の中に冷えがあり、それに伴い次のような症状も引き起こしやすいです。

・不眠
・頭痛
・腹痛
・疲労
・倦怠感
・肩こり
・集中力の低下
・風邪をひきやすい

身体が冷えていると、様々な弊害も引き起こします。冷えに伴う症状もつらいです。

自律神経失調症でお困りでしたら、ひとりで悩まず当院にご相談ください。

どうして冷え性になるの?

冷え性が起こる原因はひとつではなく、様々な要因が含まれていると考えられます。

ストレス

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。ストレスが強いと、交感神経の作用が高まります。交感神経は血管を収縮する作用があるため、ストレスの蓄積により血行不良から身体の冷えを引き起こします。ストレスが軽減すると、冷え性も軽減しやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れると、自律神経の働きも乱れるため、冷えを起こします。

生活習慣の乱れ

不規則な食生活や生活、運動不足、入浴はシャワーなどの、日々の生活習慣が原因で冷えを引き起こすことがあります。生活習慣を整えると、冷えも改善されやすいです。

冷え性が悪化するとどうなるの?

身体の中が冷え血行不良が生じると「免疫力の低下」や「生理不順」が起きやすいです。

免疫力の低下

代表的なのは夏でも風邪をひきやすく、季節を問わず風邪をひくことがあります。かすり傷でも傷の治りが、他の方よりも時間がかかりやすいです。

生理不順

子宮内への血行不良から、生理が不規則となります。注意しなければいけないは、妊娠していないのに生理がこなくなることです。その場合、治療が必要となるので注意しましょう。

症状を改善するためには?

冷え性の原因に対する対処法をすることが大切です。次のことを日々の生活の中で、心がけましょう。

  • ・定期的に運動をする
    ・規則正しい生活をする
    ・肌の露出を避けた服装をする
    ・1日7時間以上の睡眠をとる
    ・冷たい飲み物や食べ物は避ける
    ・自分のストレスを明確にし、発散する
    ・ぬるま湯に20分程度つかり、身体を温める
食事について

飲み物は、常温以上の温度の飲み物を摂取しましょう。毎食の食事は、スープやみそ汁などを取り入れましょう。野菜は生野菜ではなく、緑黄色野菜を取り入れたほうが良いです。

快適な生活を送るために

当院では、自律神経失調症を改善した実績があります。

冷え性で何をしても改善しなかった患者様が、改善されるようになりました。
肩こりや頭痛の症状も改善し、大喜びです。

患者様と一緒に、再発予防のための生活指導も行っています。

自律神経失調症でお悩みのときは、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545