便秘

  • 当院では、自律神経失調症で悩んでいる方が多く来院されます。頑固な便秘で何をやっても効果がなかった方が、少しずつ改善されています。

自律神経の乱れは、便秘になりやすくスッキリと便が出ないことがあります。便秘に伴い、他の不快な症状も出現しやすいです。

自律神経失調症とは、神経のバランスが乱れることで様々な症状が生じます。

自律神経失調症の症状では、便秘が出現することがあります。便秘とは、便を十分にかつ快適に出し切れない状態のことをさします。便秘によって、次のような症状も引き起こしやすいです。

・腹痛
・切れ痔
・吐き気
・肌荒れ
・肩こり
・食欲低下
・お腹の張り

便を十分に出し切れない状態として、次のことが挙げられます。

  • ・数日間便が出ない
    ・排便時に時間がかかる
    ・排便後も残便感がある

便秘は、女性に多い症状です。便秘も辛いですが、肌荒れよる化粧くずれが気になるという声も聞かれます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

便秘の原因

自律神経失調症による便秘の主な原因は、ストレスが考えられます。自律神経は、交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動時に作用し、副交感神経がリラックス時作用します。

消化吸収作用のある胃や大腸は、副交感神経が作用します。自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、便秘を引き起こします。交感神経が優位に作用すると、排便は困難となります。

その他に、仕事中や通勤中など排便を催したときに我慢を繰り返すと、便秘になりやすいです。

便秘が悪化するとどうなるの?

排出されない排便の蓄積よって、腸閉塞と虚血性腸炎を引き起こす可能性があります。

腸閉塞

便秘を放置すると、便の蓄積から腸閉塞を引き起こし、腸が詰まってしまいます。腸閉塞は、生命に関わることもあるので、注意しましょう。

虚血性腸炎

排便の蓄積により、腸の血管が血流障害を引き起こし発症します。腹痛・下痢・血便の症状
が特徴的です。

便秘は、腸の機能を阻害するので、正しく対処しましょう。

症状を改善するために

便秘改善のため、次のことをしましょう。

・規則正しい食生活
・こまめに水分を摂る
・トイレを我慢しない
・バランスの摂れた食事
・ストレスは溜めずに発散する
・朝は時間に余裕を持って過ごす
・夜はぬるま湯につかってリラックス
・便秘の原因であるストレスを明確化する
・胃腸を目覚めさせるため、朝はコップ1杯の水を飲む

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で自律神経失調症の便秘を改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、便秘で悩んでいる患者様を改善しています。

頑固な便秘で排便時に苦労していた患者様が、毎日快便となりました。
今までに、そのような患者様が多くいらっしゃいます。

今後も便秘が起きないよう、生活指導にも力を注いでいます。

自律神経失調症でお困りの時は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545