院長からスポーツ選手、元スポーツ選手へ

  

 

スポーツ人生を経験してきたからこそ、今伝えること

当院はスポーツ整骨院という看板を掲げています。

スポーツをやっている人、やってきた人へのアドバイス・聞く力・理解力・診る心・探る心・声のかけ方など、スポーツをやってきた人にしかわからない視点で怪我の予防や治療のアドバイスができることは他の整骨院とは違うところだと思います。

 

教科書や論文などに書いてあるようなことだけを伝えするのではなく、今までの経験で培ったノウハウを伝える。例えば、肩腰膝が痛くなるは、なぜ痛くなるのか、どうすれば軽減することができるか?などを医療従事者として医学的に臨床実験(私自身での実体験含む笑)したことを伝えることができるのも当院の強味であります。

 

当院のスタッフも肩を壊してしまい、スポーツを諦めて、この業界(医療業界)に入ってきました。

「自分と同じような選手を少しでも少なくしたい!」その気持ちを分かってあげたいというのも当院の良い所です。

経験してきた教訓というか、分かってあげられる「そうそうそれ!そこキツカッたよね」という共感ができるのもスポーツ整骨院のいいところ!

 

スポーツ経験がない先生が「痛いよね。ここがこうなってこうだから痛いんだよ!スポーツはあきらめた方がいいぞ!」と選手の気持ちも考えないで結論をしてしまう先生も中にはいます。

しかし結論をすぐに出すのでなく「じゃあさ、こんなような蹴り方をしていない?こういう所(筋肉)に力を入れているから股関節が痛くなりやすいんだ。ここに力を入れるよりもここにも力を加えることができればもっといいキックもできるし、故障やケガもしにくくなると思うよ」といった選手が自然とイメージとして浮かんでくるような説明が必要となります。

 

こういった当院でしかできないスポーツ選手が来院されるメリットをドンドン提供できればと思っています。

 

種目は違っても、トップアスリートとしてスポーツ人生を歩んできましたので、スポーツのキツさ、辛さ、そして楽しさなど全部を経験してきて、国家医療資格を取得しましたので、そこは誰よりも強いです!