自律神経失調症とは

  • 当院では、自律神経失調症の改善目的で来院される方が多くいます。だるさや疲れやすい、食欲不振、めまいなどの複数の症状で苦しんでいた方が、改善されるようになりました。

自律神経失調症は強いストレスが引き金となり、様々な体調不良を引き起こします。

自律神経失調症とは、自律神経の働きが崩れることで起きます。多種多様な症状があり、医療機関に受診し検査もするも、異常が見られません。次のような症状が出現しやすいです。

・便秘
・頭痛
・下痢
・肩こり
・めまい
・のぼせ
・ほてり
・倦怠感
・食欲不振
・生理不順
・うつ状態
・イライラ感
・疲れやすい
・集中力の低下

これらの症状は一例です。様々な症状が出現するので特定しづらく、対処法に困る方が多くみられます。

自律神経失調症でお困りでしたら、ひとりで悩まず当院にご相談ください。

どうして自律神経失調症になるの?

原因として挙げられるのは、ストレスです。仕事のプレッシャーや人間関係などが要因になることがあります。その他に、次のようなこと挙げられます。

・過労
・睡眠不足
・不規則な生活
・女性ホルモンの乱れ
・性格(完璧主義、我慢強い、繊細など)

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動時に作用し、副交感神経は休息時に作用します。この2つの神経のバランスが崩れると、自律神経失調症を引き起こします。

自律神経失調症が悪化するとどうなるの?

症状が長期化すると「うつ病」と「不安障害」が心配されます。

うつ病

疲れやすさや食欲不振などの身体症状から、意欲低下や気分の落ち込みなどの精神症状も加わり、うつ病へ移行する場合があります。何においてもやる気が出ず、気分がふさがり気味になります。

不安障害

不安な気持ちが強くなり過ぎ、ネガティブな思考に陥ります。外出などが困難となり、自宅に引きこもりがちになります。

早期に治療をすると、症状の悪化を予防することが可能です。

症状を改善するためには?

自律神経失調症の原因に対する対処が必要です。まずは、ストレスを発散し軽減することです。自分のストレスを明確にし、自分に合ったストレス発散をしましょう。

その他に、日常生活の中で次のことを行いましょう。

  • ・ぬるま湯につかる
    ・規則正しい生活をする
    ・定期的に軽めの運動をする
    ・1日7時間以上の睡眠を摂る
    ・無理をせず、頑張り過ぎない
    ・栄養バランスが摂れた食事をする

自律神経失調症を発症する方は、日頃から頑張り過ぎてしまうところがあります。日頃から「オン」と「オフ」の切り替えを的確にし、休めるときは休みましょう。

快適な生活を送るために

当院では、自律神経失調症を改善した実績があります。

毎日のように体調が優れず困っていた患者様の、症状が改善しました。仕事も家事も徐々にできるようになり、患者様も喜んでいます。

当院では、再発に対する患者様の不安を軽減するために、生活指導も行っております。

自律神経失調症でお悩みのときは、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545