接骨院と整骨院と整体の違い

いまさら聞けない接骨院、整骨院、整体院の違いを解説します。

接骨院と整骨院の違い

接骨院と整骨院は、呼び方が違いますが同じものです。柔道整復師の国家資格者が施術をしています。

接骨は、ほねつぎと呼ばれ、打撲、脱臼、捻挫などを江戸時代から伝わる伝統医療で治療します。

国家資格取得まで専門学校で3年以上の勉強を経て、試験に合格した者だけが柔道整復師となれます。

接骨院か整骨院の呼び方の違いは、柔道整復師が開業するときに選ぶ方で変わります。

接骨院と整体院の違い

接骨院は、国家資格者だけ開業できます。整体院は、誰でも開業できます。

その結果、接骨院・整骨院は2つの利点があります。

  • ①国家資格者がいる(3年間の勉強をした)
    ②保険適用で施術を受けられる

接骨院は、柔道整復師の国家資格者が施術をするので保険が適用になります。

対応する保険とは、下記のとおりです。

・健康保険
・自賠責保険(交通事故)
・労働災害保険

接骨院(整骨院)と整体院の違いは、施術はできますが、保険の適用はできません。

違いは、人の技量

接骨院(整骨院)と整体院の技術の違いは年々、縮まりつつあります。

整体師が技術力をつけていることもありますが、接骨院が整体院に名称変更する院が増えているからです。

接骨院・整骨院は、保険が適用できますが、自費診療のみの接骨院も増えてきました。接骨院より整体院の名前の方が一般的に知られているので、整体院に名前を変える院が増えています。

開業のときに国家資格を持ちながら、整体院で開業される方もいます。

そのため、このような考えを持ってます。

①国家資格を持っているから必ずしも技術が高いわけではありません。
②整体師だから癒ししかできないわけではありません。

患者様におすすめしたいことは、技術のある信頼できる先生から受けることです。

時代が変われば、生活習慣が変わり、症状も変わります。
当院では、安心してお身体を預けられるよう日々、技術を鍛錬しております。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545