ウォーキング・軽い体操

  • 当院では、ウォーキング・軽い体操をしている大人の方々の怪我やパフォーマンスアップに満足をする結果を出しています。

ウォーキングと軽い体操は、運動強度が低く、手軽にできますが、怪我を引き起こすこともあります。特に普段、運動をしてない方が行うと怪我をしやすいです。

ウォーキング・軽い体操で引き起こされた怪我は、お気軽にご相談ください。

ウォーキング・軽い体操の怪我とは

ウォーキング・軽い体操の怪我は、下記のようなことが挙げられます。

・靴づれ
・切り傷
・ぎっくり腰
・こむらがえり
・足の捻挫、打撲、骨折

軽い体操の中に、ラジオ体操も含まれます。運動習慣のない高齢者の方が、急にラジオ体操を行うと怪我をすることもあります。

怪我やパフォーマンスの問題で困っているようでしたら、当院へご相談ください。

怪我の原因

ウォーキングの怪我の原因は、下記のようなことが挙げられます。

・水分不足
・ウォーキングコースの周知不足
・ウォーキング前のウォーミングアップ不足
・ウォーキング中の段差や障害物に気が付かない
・足のサイズに合っていない、ウォーキングシューズの着用
・夜道でのウォーキングにより、危険な物を察知できず切り傷が生じる

夜間のウォーキングは、対向車や自転車の方にも分かるよう反射板やライトを使用しましょう。

ウォーキング前の水分不足やウォーミングアップ不足は、こむらがえりを引き起こします。

ウォーキングコースの周知不足や不注意は、転倒から足の骨折、捻挫、打撲をするので注意する必要があります。

軽い体操の怪我の原因は、下記のようなことが挙げられます。

  • ・高齢者
    ・運動不足
    ・急な運動による身体への刺激や負担

急な運動により、こむらがえり、またはぎっくり腰を引き起こしやすいです。運動習慣のない高齢者の方は、ゆっくり動かすストレッチから始めることが良いでしょう。

競技生活を安心して行うために

ウォーキングで起きやすい怪我は「こむらがえり」と「足首の捻挫」です。軽い体操で起きやすい怪我は「こむらがえり」と「ぎっくり腰」です。それぞれ、お話していきます。

こむらがえり

ふくらはぎに起こる筋肉のけいれんのことをいいます。運動中または運動後に発症することが多いです。筋肉の疲労や水分不足、血液循環の悪化で引き起こされます。こむらがえりが起きたときは、筋肉を伸展させ、水分を取りマッサージをします。運動の前にマッサージをすることで、予防することが可能です。

足首の捻挫

転倒などにより、足首に外力がかかることで捻挫が引き起ります。症状は、痛みや腫れ、熱感などです。足首を受傷後、すぐに冷やすと回復も早くなります。

ぎっくり腰

体操により、前かがみの姿勢になったときに発症することもあります。頻度としては少ないですが、激しい腰痛が起きます。

最高のプレーをするために!

当院では、ウォーキング・軽い体操での怪我を施術で改善しています。

さらにパフォーマンスを上げるために、コンディションを整える施術も行っています。

継続してウォーキング・軽い体操ができるよう、サポートをしています。

怪我やパフォーマンスの問題でお困りの場合は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 044-750-9545